fc2ブログ

長期優良住宅セミナーに行ってきました! 

横浜・川崎の幼稚園・習い事・医者・ 私立中学校情報ならビタミンママ!横浜・川崎の幼稚園・習い事・医者・
私立中学校情報ならビタミンママ!


こんにちは。ビタママスタッフのライムです


2010年4月17日、
ハウスクエア横浜にて開催された、
長期優良住宅普及推進コンソーシアム事務局主催による、

長期優良住宅に関するセミナー
~もったいない!!あなたの住まいが泣いている
住宅履歴システムを活用して資産価値を維持~

に、参加してきました。

IMG_4428.jpg


最近新聞などで長期優良住宅という言葉を目にする機会がありませんか?

良質に家を建て、きちんとお手入れをし、長く使用できる住宅

というのを長期優良住宅というそうです。



30年くらいのサイクルで家を建て替えるというのが従来の日本の住宅の常識でした。
ところが、限られた資源や建て替え時に出る廃棄物など、
環境問題の側面から「長持ちさせる家を建てよう!」という方向へと国は考え、
2009年6月に長期優良住宅の普及の促進に関する法律
というものが施行されました。

長期優良住宅に認定されるためには、申請をし、数々の事項をクリアしなければなりません。
たとえば、耐震性、省エネルギー性など家の構造に関する分野であったり、
維持保全管理などの管理に関する分野や、住居環境なども審査の対象となります。

くわしくは国交省HP



このセミナーでお話しくださった横浜市建築局の方によりますと、
2010年2月末現在、日本全国で約50000軒の住宅が長期優良住宅に認定されたそうです。
その中でも、ここ横浜市のある神奈川県は約3200軒と、全国でも2位の数字だとか。
この軒数が増えている背景には、長期優良住宅に認定されると、
住宅ローン減税や、住宅ローン供給支援など、
経済的負担減というメリットがあることもひとつにあるかもしれません



そして、今回のセミナーで、
長期優良住宅制度と並んで、住宅を長持ちさせるコツを
国交省住宅局の方からうかがいました。

それは、住宅の履歴情報を残すという方法です。

具体的には、建築時の記録、修理、点検、リフォームの記録、
また、家のすみずみまでの材質や構造、図面などを、
カルテや履歴書のように残すというシステムです。

そのメリットは、

計画的な維持管理ができる

合理的なリフォームができる

売買に有利

災害時の迅速な対応ができる


この住宅履歴情報というのは、長期優良住宅にかぎったものではなく、
一般の住宅にとっても、家を長持ちさせるために、そして将来有効活用するために、
とても役立つ内容となってます



IMG_4413.jpg



そんな住宅履歴にとても役立つのが、
住宅所有者がパソコンでデータベースを持ち続けられるソフトです。
長期にわたる住宅の維持保全を考えたこちらのシステムは、国交省の認定を受けられてます。
くわしくはこちら→e家カルテ・エコノミー


こうやって履歴を残しておくだけでも、
長く住み続けられる家となり、資産価値にも反映されるということですね。


最近は、車や家電もエコ製品が売れ行きをのばしているそうですが、
こういった制度のおかげで、住宅に関しても長く住み続けられる家が増えたら、
地球にも、私たちにも優しく、より豊かで暮らしやすい生活を送れるのかもしれませんね
国や自治体が率先して、良いものを作り、残していこうという取り組みに、
今後も注目していきたいと思います。





横浜・川崎の子育て情報満載!季刊誌「ビタミンママ」好評発売中!

   スタッフの元気のもと、1クリックをお願いします♪ → 人気ブログランキング にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sblogmama.blog89.fc2.com/tb.php/378-9f0f594b