fc2ブログ

ごみの少量化裏ワザ公開! 

横浜・川崎の幼稚園・習い事・医者・ 私立中学校情報ならビタミンママ!横浜・川崎の幼稚園・習い事・医者・
私立中学校情報ならビタミンママ!


横浜市の皆さん、もうすぐですね。対策はたてていますか?

何のことかって?ごみですよ、ごみ。
2月から家庭ごみ(燃やすごみ)の回収日が一日減って週に2回になるんです。
私たち主婦にとっては重要でかつ頭の痛い問題ですよね

先日、近所の主婦仲間とおしゃべりしたときも、
生ごみどうしてる?という話題に始まり、
ごみの少量化の裏ワザまでひとしきり花が咲きました。
やっぱりみんな気になっているんですね。

そこで、ふだん私が生ごみ対策として実践している方法をここでご紹介します~。
広告の紙を使ってつくった箱状の入れ物に生ごみを直接入れて、包んで捨てる

広告の紙を使ってつくった箱

これだけですが、ビニール袋を使わずにごみの分別ができちゃいます。
できるだけ水を切ってから入れるので(そうしないと箱が破れる恐れあり)量も減るし、
紙が残りの水分を吸い取ってくれるのであまりにおわない気がします。
実家の母が昔からやっている方法なので、
みんな知っているやり方なのかと思っていたら、
そうでもなかったみたい。
箱の作り方教えて!とリクエストされてしまいました。

プラスチックごみの回収は週1回
におわないけどかさが大きくて場所をとるので悩みだったんです。
そんな悩みを解消すべく教えてもらった『プラスチックごみのかさを減らす』という裏ワザは下記の2つ。
その1:切って重ねる方法
これは立体的な形をしているものに効果抜群です。
箱のような形をしているものは、
側面に当たる部分の辺(算数苦手なので説明が難しい…)に切り込みをいれて切り離すと、
すべて平面になります。

卵パックはいくつかに切って重ねると、
とても省スペース。
卵のパック-切る前  卵のパック-切った後

これだけでかなりプラスチックごみを入れてる袋に余裕ができます。

その2:名づけてテープ張り作戦
お菓子の袋とかパリパリってしていて、
たたんで捨ててもいつの間にか元通りになってしまいますよね。
そういう袋はくるくる丸めて、
最後をセロハンテープでペタっとするととても小さくなるんです。
最近はその袋の中にさらに小さな袋などを入れてからくるくるする
というちょっと上級ワザも自ら編み出しましたピンクのきらきら

どちらもちょっとめんどうなところが難点ですが、
この2つの方法でプラスチックごみ半減をめざしてやっています。

こんな風に、けっこう主婦はいろいろ考えて工夫していますよね。
みなさんも、ごみ減量のためにオススメの裏ワザがあったら是非教えてくださいね。

     トル

横浜・川崎の子育て情報満載!季刊誌「ビタミンママ」好評発売中!

   スタッフの元気のもと、1クリックをお願いします♪ → 人気ブログランキング にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sblogmama.blog89.fc2.com/tb.php/139-d6d65094